横浜駅徒歩4分の美容皮膚科横浜中央クリニック プライバシーポリシー

[受付時間] 9:30 ー 20:00 0120-072-545

無料メール相談・カウンセリング予約

  1. ホーム
  2. エイジングケア美容コラム
  3. 肌トラブルの原因は?
  4. 厚塗り注意!化粧が肌に与える影響
  • 年代別おすすめ治療コース

アクセス

GoogleMapで地図を見る
最寄駅
横浜駅西口より徒歩4分
横浜中央クリニック
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13
横浜西共同ビル 10F

0120-072-545

受付時間
9:30−19:00
診療時間
10:00−18:00(応相談)
休診日
不定期(お問い合せください)
  • 横浜中央クリニック 女性のための、薄毛治療 女性特有の薄毛には専門医のトータルケアが必要です
  • 高い技術と医療レーザー脱毛 すべての患者様に、美しい脱毛を
  • ドクターズコスメ 歳をとらない肌のために…

保護者同意書

未成年の方は保護者の同署が必要です。下のアイコンををクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きますので、印刷してご来院下さい。
ダウンロード
保護者同意書をご覧いただくにには、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobeReaderが必要です。
Get ADOBE READER
  • エイジングケア美容コラム

厚塗り注意!化粧が肌に与える影響

掲載日:2015/6/5(金)

make-up
「化粧は身だしなみ」と言われていますが、私たちはその身だしなみのために肌を痛めているのかもしれません。化粧品はさまざまな化学物質を組み合わせて作られています。肌に良いものかどうかを知るためには、ひとつひとつの成分について知る必要がありますが、それは簡単なことではありません。
ここでは、化粧品に含まれる成分の大まかな分類と化粧品による肌への影響を少なくする方法をご紹介します。

化粧品に含まれている怖~い成分とは!?

化粧品のパッケージを見てみると、そこには化粧品に含まれる成分が記載されていますが、その意味を理解するのは非常に困難と言えます。
そこで、化粧品が主にどのような成分で構成されているのかを挙げていきたいと思います。成分はどれも一長一短で、この成分が入っているからダメというわけではなく、全体的なバランスを見ることも大切です。

肌のバリア機能を崩壊する!? 「合成界面活性剤」

<主な用途> 乳化、洗浄

化粧品の成分には、油分と水分の両方が使われています。通常、このふたつは分離してしまいますが、乳化目的で界面活性剤を使用することで、分離を防ぐことができます。また、洗顔料やシャンプーなど肌の洗浄を目的とした製品にも含まれています。

肌への影響は?

皮脂による肌のバリア機能を壊すために、皮脂が過剰に分泌し、ニキビなどの肌トラブルの原因になります。

肌本来の機能が低下!? 「合成ポリマー」

<主な用途> 水分の吸収、保持

化粧品の一番の目的は、肌の保湿です。肌が乾燥してしまうと、ニキビやシワ、シミができやすくなり、細菌などから肌を守ることができなくなります。合成ポリマーは、水分を吸収、保持することで、肌をしっかり保湿します。

肌への影響は?

肌の表面をしっかり覆う分、水分や油分の通過を妨げます。もともと肌は皮脂やセラミドによってある程度の潤いを保つことができます。しかし、合成ポリマーを使い続けることによって肌本来の機能を壊す恐れがあります。

その名の通り!? 皮脂を過剰に分泌?「油性成分」

<主な用途> 保水、洗浄、収れん

ミネラルオイルや植物油、動物油はメイク用品を固めるために使われたり、肌と化粧品を密着させるために使われたりします。植物油や動物油は天然素材で肌に良いイメージがあるかもしれませんが、石油由来のミネラルオイルより劣化しやすい短所があります。また、エタノール(アルコール)は、肌の収れんに使用されます。

肌への影響は?

肌を乾燥させ、皮脂を過剰に分泌させる恐れがあります。また、油性成分はメイク落としを使わないと落とせないために、肌への負担が大きくなります。

発がん性物質が含まれる!? 「合成色素」

<主な用途>色材

ファンデーションやチーク、アイシャドーとメイクでさまざまな色を楽しむことができるのは合成色素があるからです。色素には天然のものもありますが、多くが石油由来の合成色素です。

肌への影響は?

海外で禁止されている合成色素が日本で認められていることもあります。合成色素のなかには発がん性物質を含むものもあるので、注意が必要です。

えっ!? メイク落としって肌に悪いの!?

メイクはしっかり落とさないと肌の老化を促進させ、乾燥やニキビなどのトラブルの原因になります。しかし、そのメイク落としも肌トラブルの原因になるので注意が必要!
メイク落としは、メイクなどの油性成分を落とす必要があるために、界面活性剤などを含みます。これは、皮脂による肌のバリア機能を壊すために、肌の乾燥やニキビを引き起こしてしまうことがあるのです。このようにメイクもメイク落としも肌にはマイナス要素があるということを覚えておきましょう。

化粧品から肌を守るために気を付けたい5つのこと

化粧品から受ける肌ダメージを少なくするためには、次のような方法があります。

  • 可能なかぎり天然成分由来の化粧品を選ぶ。
  • 界面活性剤不使用のメイク落としを選ぶ。
  • メイク落としによる肌負担を軽減させるためにメイクの厚塗りは避ける。
  • メイクによる肌負担を軽減させるために、メイク前に十分な保湿をし、メイクの厚塗りを避ける。
  • メイク落とし後にしっかり保湿をする。

化粧品は肌をきれいに見せてくれますが、肌にとってはマイナス要素も含んでいます。化粧品を使うときに大切なことは、肌のバリア機能を守るための保湿を怠らないことです。バリア機能はどのようなときに壊されてしまうのか、是非、今回の記事を参考にしてくださいね。

無超メールで相談をする・カウンセリング予約

PAGE TOP