横浜駅徒歩4分の美容皮膚科横浜中央クリニック プライバシーポリシー

[受付時間] 9:30 ー 20:00 0120-072-545

無料メール相談・カウンセリング予約

  1. ホーム
  2. エイジングケア美容コラム
  3. お肌を守る生活習慣
  4. 一番大事なスキンケアの順番、知ってますか?
  • 年代別おすすめ治療コース

アクセス

GoogleMapで地図を見る
最寄駅
横浜駅西口より徒歩4分
横浜中央クリニック
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13
横浜西共同ビル 10F

0120-072-545

受付時間
9:30−19:00
診療時間
10:00−18:00(応相談)
休診日
不定期(お問い合せください)
  • 横浜中央クリニック 女性のための、薄毛治療 女性特有の薄毛には専門医のトータルケアが必要です
  • 高い技術と医療レーザー脱毛 すべての患者様に、美しい脱毛を
  • ドクターズコスメ 歳をとらない肌のために…

保護者同意書

未成年の方は保護者の同署が必要です。下のアイコンををクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きますので、印刷してご来院下さい。
ダウンロード
保護者同意書をご覧いただくにには、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobeReaderが必要です。
Get ADOBE READER
  • エイジングケア美容コラム

一番大事なスキンケアの順番、知ってますか?

掲載日:2015/6/12(金)

skin-care
一口にスキンケアと言っても、人によってやり方も使うモノも違います。「自分の肌質にあったケアをしたいけど、そもそもスキンケアって何?」そんな人も多いはず。
今回はスキンケアの順番や使用するものの役割など、基礎をおさらいしてみましょう。

肌に保湿が必要な理由って?

肌には保湿成分を作り出し、水分を角質層内に留めておく機能が備わっています。保湿成分が十分にある場合は、肌のバリア機能が働き、紫外線や外部の刺激から肌をブロック。ターンオーバーがスムーズに行われて、シミやくすみを防ぎます。
しかし、保湿できていない場合、肌は乾燥してガサガサ。美肌とは程遠い状態になり、角栓やニキビの原因になってしまいます。バリア機能が働かず、肌へダメージが直接届き、結果、シミ、シワが増えてしまうのです。さらに保湿が出来ていないと、スキンケアの有効成分が肌に浸透しにくくなります。このように保湿は美白、美肌には必須条件なのです。

スキンケア 基本の4ステップ

皮脂の過剰な分泌をシャットアウト!「化粧水」

水分を補い、保湿して、肌の状態を整えます。また、角質層を健康に保ち、皮脂の過剰な分泌を抑える働きも。更には、化粧水後に使う美容液や乳液などの浸透を助けてくれるのです。

保湿を補ってくれる万能液「美容液」

有効成分を肌に補給します。おおまかに分けると、化粧水の保湿力を補う役割、肌トラブルを解決するための、目的にあった役割があります。成分は様々なので、目的に応じたものを選ぶようにしたいですね。

外敵からお肌を守ってくれる「乳液」

乾燥や冷気からの保護、乳液は油分による保湿という役割をします。水分量も多いことから同時に潤いを補います。乳液かクリームか、どちらかだけを使用したり、両方とも使用しない人もいます。目的別によく選別することが大切。

保湿効果は絶大!「クリーム」

基本的な役割としては乳液もクリームも同じです。ふたつの違いは、油分と水分のバランス。乳液よりも油分が多く配合されているクリームは、肌の保湿に効果的です。

間違った手順は効果半減! 正しいスキンケアの順番

スキンケアを行う際、どんな種類のモノを肌に与えていくかということも大事ですが、それと同じくらい大切なのが塗る順番。化粧水の後に塗るモノを勘違いしている人が多いようです。基本的には以下の順番でケアしていくのがベストですが、化粧品によって多少順番が異なることがありますので、使用する前にしっかりと説明書を確認するようにしましょう。

①化粧水→②美容液→③乳液→④クリーム

化粧水は洗顔後すぐにつけるのが鉄則。手のひらかコットンでやさしく塗りましょう。
次に美容液。一回の使用量全部を塗るのではなく、何回かに分けると効果的です。
美容液の前に乳液に手を出してしまいがちですが、それは間違い。美容液で浸透を助け、乳液で保護するのです。
最後に、乳液、クリームを塗ります。両方塗る場合は油分の少ない乳液から。どちらも手の平であたため、お肌に浸透しやすい柔らかさにしてから塗りましょう。こするのは絶対NG。肌に刺激を与えないよう、優しく押し込むようなイメージで。

どっちが正解? スキンケアの疑問に答えます!

Q.1 化粧水は手の平で塗るのとコットンで塗るのはどちらが良いのですか?

どちらも一長一短です。手の平で化粧水を塗った場合は、肌への刺激が少なくなります。手の温かさで毛穴が開いて浸透しやすいという長所も。ただ、顔全体にまんべんなく、十分浸透させるのが少し難しいかもしれません。その点、コットンは肌への刺激は手で塗るよりも少し大きいですが、十分な量を全体に塗ることができます。どちらにもメリット、デメリットがあるので、その日の自分の肌の調子に合わせて方法を変えていくのが一番です。

Q.2 化粧水は洗顔後すぐに(30秒以内に)塗るのが良いと聞いたのですが、それはなぜですか?

洗顔後は保湿に必要な成分や油分が汚れと一緒になくなっており、無防備で敏感な状態。乾燥が進んだ肌は毛穴が開き、キメが乱れていってしまいます。洗顔で失われた水分は、いち早く取り戻してあげなくてはいけないため、できるだけ時間を空けずに保湿を行わなければいけないのです。

Q.3 朝と夜ではスキンケア方法を変えたほうが良いですか?

朝は保護、夜は保湿が大切です。日中、肌はメイク、エアコン、紫外線、ホコリ等、常に様々な刺激にさらされています。この外敵から守るためには、忘れずに日焼け止めクリームやファンデーションを塗るようにしましょう。夜は昼の肌ダメージを修復し、新しい肌が生まれる時間。その過程がスムーズに進むように、保湿が第一なのです。

Q.4 化粧水は可能な限りたっぷり使った方が良いと聞きますが、どのくらいの分量が適切なのでしょうか? 顔がびしょびしょになるくらい塗っても問題ありませんか?

基本的に、各製品の目安量通りの量を参考に塗っていきましょう。ただし肌の状態によって、使用する量は異なります。少しずつ様子を見ながらつけ、手のひらに吸い付くような感触が出てきたら終了。必要以上に塗っても、成分は全て浸透しません。逆に肌の表面に残ってしまい負担となる場合があるので気を付けましょう。

Q.5 1年前の化粧水を使っても肌に問題ありませんか? 化粧水や美容液などに賞味期限はあるのでしょうか?

日の当たらない場所に保管し、未開封なら2~3年、開封後半年ほどなら、だいたいの物は問題ないはずです。ただし、無添加のもの、天然成分由来のものなどは日持ちしないので注意しましょう。

正しいスキンケアの順番、参考になりましたか? しっかりと肌に届くスキンケアで、輝く美肌を手に入れましょう。

無超メールで相談をする・カウンセリング予約

PAGE TOP